ちょっとしたことを綴っていきます。


by saitamanohotori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

待ち合わせ

携帯電話(以下、ケータイ)がない時代の待ち合わせとは、どんなものだったのか。

現在の渋谷ハチ公のような、大勢が待ち合わせる場所では、ほとんどの人がケータイを片手に持って立っている。待ち合わせ時間になっても、友人や恋人が現れない場合は、メールなり電話で連絡を取り、どのくらい遅れてくるのか、ハチ公のどの辺りにいるのか、を把握する。ケータイがあれば、お互いの状況を容易に把握できる。
「いま、どこにいるの?ハチ公近くにいるんだけど。」
「いま手を振ってみるから。まわり見てみて。」
「あ、いたいた。すぐそっち行くね。」
といった具合に、大勢が待ち合わせるハチ公前でも確実に会うことができるのだ。
では、ケータイがない時代は、どうなのか。厳密に待ち合わせ場所を限定するのだろうか。
ハチ公の右どなり
ハチ公の目線の先
ハチ公の半径3m圏内
といった具合。
高校生の頃、
改札口を出たところにある大きな階段の下から3段目
に待ち合わせをしたことを思い出す。

しかし、遅刻はどうしようもない。待つほうの人は、相手がどのくらい遅れるのかを知るすべがないし、遅れるほうの人は、待つ相手にどのくらい遅れるかを知らせるすべがない。
待つ人は、とにかく待つしかないのだ。
そこにドラマがあるような気がする。
待っても待っても現れない。帰ろうとしたその瞬間、自分の名前を呼ぶ声が聞こえる。胸の高鳴りを押さえて、振り返ると...

ドラマは置いておいて、
しかし、待たせるとは迷惑な話だ。待つほうの人の不安を考えたら、待たせられない。したがって、ケータイがない時代は遅刻できないのだ。
現在はどうだろうか、遅刻をする人が多い気がする。これは、ケータイが遅刻を助長しているのかもしれない。
遅刻しそうなら、どのくらい遅れるかメールや電話で容易に伝えることができる。
何分遅刻するのか分かれば、待つほうの人は、その時間だけ時間をつぶすことができる。便利といえば便利な話だ。
逆に、遅刻を助長する。手軽に遅刻できる環境をケータイ文化が創り出したのだ。

最近、渋谷のハチ公前で待ち合わせをしながら、以上のことを考えた。

c0069456_15204728.jpg






三寒四温
[PR]
# by saitamanohotori | 2005-03-13 15:13 | ふるきよき

方言 昨日今日の出来事

昨日、今日と、高校からの友人とおしゃべりしてきました。
昨日は、お客の平均年齢が10代に違いない、池袋のファミレスで。
Mくんと福岡弁でしゃべりました。そして、買い物をしました。

今日は、高校の後輩のOくんと、友人のHくんと、Hくん行きつけのおしゃれなカフェで、福岡弁でしゃべってきました。
Oくんの成長ぶりには驚かされ、自分は生ぬるい生活をしているなぁ、と痛感しました。立派に成長した後輩を見て、頑張らなきゃと思いました。

久しぶりに福岡弁でしゃべるのってよかね。気持ちのよか。普段は、東京の言葉をしゃべりよるけど、福岡の友人と話すときは、方言がでるね。よかことやち思う。

実家の家族と話すときは、もっと方言っぽい方言になります。田舎のほうだから。

ほんなごつ、汚い方言になるとばい。妹に、「何しょっと?」ち、よく言われよったことば、これ書きながら思い出したけん、懐かしか。

でもでも、東京では、標準語と福岡弁のミックスで頑張ります。





一衣帯水
[PR]
# by saitamanohotori | 2005-03-12 23:50 | ふるきよき
c0069456_23342862.jpg
駅の改札前の喫茶店。午後の昼下がり。いつもの風景。
オススメmenuは、何だろう。って、オイ!
え、なぜこれがここに!?なぜ...、なぜ....。


こんなものを、少し前に見つけました。
みなさん、分かりますか?おかしいところありますよね?

不思議なものがありますよね?








正解は、、、、ジャン!  
これ↓     です!


c0069456_23412643.jpg


ファイト!一発!
リポビタンD!!
どうして、これがあるんでしょうね。
お店の人がわざと置いたんでしょうか?

いや、私は違うと思います。

家族のために日夜働くサラリーマンの方が、朝の改札口を前にして、
通勤前に、気合いを入れたのでしょう。

ファイト!一発!

と。





杓子定規
[PR]
# by saitamanohotori | 2005-03-11 23:54 | そのた

風景

c0069456_2339457.jpg柳田国男氏は、「環境が世代とともに改まって行かなかったら、それに包まれたる人生は荒れているのである」とまでいいきっているように、灯火の美しさ、ふるさとの全景を見せてくれた山の道路、川の展望を広げてくれた鉄橋、豊かな田園風景など、文明の所産を肯定しているのである。
(北村昌美「森を知ろう、楽しもうー森林彩時記ー」より)

確かに、道路をつくるのは環境破壊だが、道路がなければ頂上から美しい田園風景を観ることはできない。恩恵を受ける反面、環境を破壊している。
「自然の変化を大規模な環境破壊にまで広げないよう調整することが、人間の責任だ」と、北村昌美氏はいう。

春は、電車の旅に出ようと思う。車窓の風景を味わいながら、人と自然が共存する田舎を想おう。
そうだ仙台、行こう。
青春18きっぷの旅路は、新幹線の旅路よりも必ず、人を成長させるものだと、信じている。
『かわいい子には旅をさせよ』というが、まだまだ私はかわいい。
私に旅は必要だ。

c0069456_23395166.jpg





四通八達
[PR]
# by saitamanohotori | 2005-03-10 23:43 | そのた

当たる

先日、「大戸屋」の御食事券に当選しました。「大戸屋」には、よく行っていて、行くたびにアンケートに真面目に答えていたら、その甲斐あってか、御食事券が送られてきました。
この喜びといったら、それは相当なものでした。嬉しいという言葉では表現できない、胸の高鳴りは、いまでも忘れられません。

昨日、その御食事券を持って、「焼魚しまほっけ定食」を食べてきました。
美味しかった...

少年時代のこと。
アイスバーを買って、食べて、棒に「アタリ」という文字が書かれていた。
「アタリ」が出れば、もう一本無料で食べられる。
「アタリ」が出たときの、あの喜び。

少年時代のあの喜びと同じものを、大戸屋の御食事券当選で感じた。

「当たる」ことによる喜びは、万人共通の素敵な感情だと思います。





十人十色
[PR]
# by saitamanohotori | 2005-03-09 23:56 | そのた

記事を書き込みたい方へ

Commentsをクリックして、投稿者名を入力し、パスワードを入力し、文章を入力してください。
このときのパスワードとは、投稿者自身が、自分の記事(Comment)を削除する際に使用します。
ですから、パスワードは、自分が覚えやすいものにしましょう。

それでは、たくさんの書き込みを楽しみにお待ちしております。





臥薪嘗胆
[PR]
# by saitamanohotori | 2005-03-08 09:18 | そのた

明日の天気

天気:2005.3.8

東京 晴れ 
     最高気温:16℃ 最低気温:3℃ 降水確率:10%

新潟 雨のち曇り
     最高気温:8℃  最低気温:5℃ 降水確率:70%

福岡 晴れ
     最高気温:19℃ 最低気温:5℃ 降水確率:10%

以上、絵のない天気予報。

春は近し。




岡目八目
[PR]
# by saitamanohotori | 2005-03-07 23:56 | そのた

新しい知識

買い物をしたとき、レジのお姉さんに、「417円になります。」と言われたとしよう。
昔の私は、
・507円払えるとき:507円払って、おつりを90円もらった。
・507円払えないとき:財布が小銭でいっぱいになるのを危惧しながら、500円払って83円おつりをもらった。

しかし、3ヵ月くらい前に、衝撃的な払い方をMさんに教えてもらった。
・507円払えないとき:520円払って、おつりを103円もらうのだ!

c0069456_23491783.jpg同じおつりでも、
83円は、50円玉×1、10円玉×3、1円玉×3。
103円は、100円玉×1、1円玉×3。
という具合。

さらに、後者の払い方は520円払うため、20円玉を減らして、100円玉×1、1円玉×3を得る。
財布の中を小銭だらけにしないという点では、明らかに後者の払い方のほうが、賢い。
教えてもらってからというもの、329円のときは、530円払うといった、後者の払い方をしている。
おかげさまで、小銭の財布に占める割合は、格段に減った。

その小銭が減った分に、何を入れるべきか、考え中...




海千山千
[PR]
# by saitamanohotori | 2005-03-06 23:54 | そのた

ふと

c0069456_222140100.jpg去年の年末に福岡県の恋木神社でお参りしたことを、突然思い出した。男10人くらいで、みんなで祈願した。恋木(大きな木)のまわりを、左に3回、右に3回(←具体的な数字は、定かではない)ぐるりとまわると、御利益があるという。男たちは、みんなでまわった。その光景を突然思い出したのだ。面白い光景だった。面白いと言ってしまうと、怒られるだろう。みんな真剣だったから。歩くのが早い人、遅い人がいるわけだから、まわってるうちに、早く左に3回まわってしまった人と、すれ違ったりした。男10人が、大きな恋木のまわりをぐるぐるまわっていて、そして、すれ違ったりもする。面白いな〜。

また、みんなで、ぐるぐるまわりたいです。。o
そして、御利益報告会をやりたいです。。o




一日千秋
[PR]
# by saitamanohotori | 2005-03-05 22:54 | ふるきよき

『ありがとう』

『ありがとう』と言える大人になろう。今日、そう思った。

『ありがとう』が、どれだけの人を救っただろう。
『ありがとう』と言われて、どれだけの人が涙しただろう。
『ありがとう』と言えなくて、どれだけの人が後悔しただろう。

勇気をもって、言っていこう。




温故知新
[PR]
# by saitamanohotori | 2005-03-04 22:58 | そのた

一笑一若

一笑一若という言葉を、Yさんから教えてもらった。
一回笑うごとに一回若返る、つまり、笑うたびに人は若くなる、という意味らしい。なるほどなーと感心した。世の中の奥様たちは、エステに時間・お金をかけるより、お笑いのビデオを観たほうが良さそうだ。
笑っている瞬間とは、なんと幸せなことか。そういえば最近、お腹を抱えて笑うことってそんなにないように思う。高校時代は、箸が手から落ちただけで爆笑していたのに。あっ、すみません、最近笑いました。お腹を抱えるほどではないですが。映画『アメリ』の冒頭。テレビのいたずらのシーン。観てない方は、観て下さいね。面白いです。

よーし、笑っていくぞ。笑った者勝ちだよ、人生は。
Yさん、一笑一若という言葉をありがとう。




朝三暮四
[PR]
# by saitamanohotori | 2005-03-03 23:55 | そのた

公開にあたって

このブログには、少し気になること、少し笑ってしまうこと、を綴っていこうと思います。コメントは、どしどし募集します!訪れた方も、少し気になること、少し笑ってしまうことをコメントしていただけると嬉しいです。
面白い情報をどんどん募集します。この場が、情報の泉になることを期待します。




一期一会
[PR]
# by saitamanohotori | 2005-03-02 23:54 | そのた

公開!

選手宣誓

宣誓!
私は、正々堂々とブログの世界に挑戦していくことを誓います。

2005.3.1
[PR]
# by saitamanohotori | 2005-03-01 23:29 | そのた