ちょっとしたことを綴っていきます。


by saitamanohotori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ヘロヘロの夜

酒に飲まれていて、忘れていたけど、
泥酔したあの夜、

顔をさわられた。

サラリーマンになってひげが濃くなってきたんだよね、と言った後の出来事。


その日は、ビール2杯、一刻者のロック2杯、お店かえて白ワインのボトルの半分を飲んだ。これくらいで、ヘロヘロなんて、弱くなったな。


手だとか、からだだとか、顔だとか、さわってくる女子ってたまにいるけど、そっちがそうやって、ちょいちょいさわってくるんだったら、

ぼくもさわります
[PR]
# by saitamanohotori | 2010-05-02 02:17 | そのた

紙幣を折った男

紙幣は、折りたくないんだよね
と長財布を持っている理由を語る男が、次の瞬間、
小銭入れに紙幣を折って入れていた。

コンビニへは、小銭入れに千円だけ入れて行くんだと。
[PR]
# by saitamanohotori | 2010-05-01 21:49 | そのた

マルエツ

マルエツのポイントが3000p達成!
[PR]
# by saitamanohotori | 2010-03-23 08:37 | あたらし

湧水

ピット内湧水の排水は、汚水系統が原則。
建物を建てたから出てきた水、だから汚水で下水道料金がかかるという理屈か。
そういう理屈でいくと、雨水ではないよな。でも実質は、雨水が地中に貯まっているんだよね。川の水かもしれないけど。
湧水論議に花咲く今日このころ。やぶへびか。踏み込んでしまったか。
[PR]
# by saitamanohotori | 2010-03-19 02:01 | げんだい

深夜メモ 省エネ

上村愛子の滑りというよりも、モーグル決勝の熾烈な戦いに感動した。その中に、JAPANの上村愛子がいた。

深夜の日テレのNNNドキュメント「かりんの家」。親と暮らせない子供たちが、親に甘えたいという気持ちを抑えて、その日その日を懸命に生きていた。

スポーツや懸命に生きているひとのドキュメンタリー番組をみて、心動くことがよくある。
ふと、今日思ったのは、感動の”受け側”になってる。

いかんね、受け側になっちゃ。
自分のやってることをみて、またやってることによって、元気になってくれるひと、そして心動くひとがいるだろうか。


そういうこと考えると思う。省エネって大事なんだろうか。
地球環境のため、光熱費のため、には大事。なんだけど、ひとの心とはつながっていない気がする。

法人相手の仕事って、そういうところあるね。建物の省エネが実現できたとして、誰が喜ぶ?
光熱費が下がった法人の総務部が喜ぶだけで、給料に反映されないから、働いている人にはあまり関係ないはなし。
地球環境にはいいことしてるけど、喜ぶひとがいるかっていうといないだろうな。働いているひと個人としては実感がわかなさ過ぎて。遠すぎて。


まずは、直接ユーザーと会話するのかな。寒くないですか、乾燥してませんか、と。
省エネを前面に出すと、ひとの心に届かないと思うなー。なんとなく。

だらだらと深夜のつぶやきを書いてしまいました。。
[PR]
# by saitamanohotori | 2010-02-15 02:28 | あたらし

2009年のこの1枚+α

c0069456_14245286.jpg

c0069456_14272217.jpg

秋の丹沢湖が綺麗でした。
コーヒーも一番搾り。o

良いお年をお迎えくださいませ。
[PR]
# by saitamanohotori | 2009-12-30 14:26 | げんだい

1/3

15年ぶりに再会する。
小学校の同窓会。

20世紀少年のはじまりだったりして。。
[PR]
# by saitamanohotori | 2009-12-02 01:32 | ふるきよき

発熱量

実験機器類の熱負荷は、排気ファンがある場合は、消費電力の10%程度見込めば問題ないそうだ。
機器は3相の場合はとくに、仕事をしている。また、ファンで排熱しているから、ほとんど発熱しない。
しっくりくるといえば、しっくりくるが、なんだかどこかで何かが抜けているような。。
[PR]
# by saitamanohotori | 2009-12-01 00:20 | げんだい

いとこの留学

医学部をめざしていた17歳のいとこが、突然海外に留学すると言い出した。
実家の開業医を継ぐのはふたごの兄弟に任せたと。

ぼくの17歳のころは、留学の留は、留年の留か留守番の留だった。留学だなんて、思いもしなかった。とにかく、東京だった。17歳のぼくの留学は東京だった。

インターネットが普及したせいか、17歳とは思えないくらい、情報通。あの大学は、すぐに留学できるとか、この大学は、英語のトレーニングが早くから始まるとか。

ぼくの17歳のころは、インターネットの存在すら知らず、知っているのは、広末が早稲田に入学したことくらい。

己を魅了・刺激する情報が浴びるように入ってくるがゆえの、選択だろう。
何をしたい、何を専攻したい、ではないらしい。とにかく、留学したいんだと。

彼には、まずは英語をマスターするんだと伝えたが。。本当に留学するのかなー、安全なんだろうか。なんだか心配。。
[PR]
# by saitamanohotori | 2009-11-16 00:47 | あたらし
NSルーキーズ vs NSアラサーズ

ルーキーズ完敗。ビールをおごる羽目に。
悔しい。

第一区5.6kmをルーキーズキャプテンとして走った。
もうね、なんと言っても、トレーニング不足。

高校時代、毎日走ってたあのころには敵わないや。

とはいえ、走るは楽しい。
辛いから、何度もあきらめそうになるんだけど、そこを頑張るといい結果が出るんだなー。

1kmを5分でしか走れない。10年前は、1kmを4分を切って走っていた。
全然敵わない。

おっ酸化してたまるか。
走った後のビールは最高だったけどね。
[PR]
# by saitamanohotori | 2009-11-08 23:35 | げんだい

押し倒す

かたせ梨乃さんが「三十路を過ぎた独身の女優なんて押し倒せばいいのよ。本当は男いないんだから」と言ってたらしい。

女優じゃなくても、30歳を過ぎた独身OLさんたちは男いないのかもね。本当は。

年上好きのKくん、どうだろうか。
[PR]
# by saitamanohotori | 2009-11-06 01:05 | そのた

吹出口ひとつ

吹出口ひとつ決められないなんて、情けない。
ブリーズライン。

何がこう判断を邪魔するのか。
1. 自信がないから
2. 責任を負いたくないから
3. 自分のことばで理論的に説明できないから
経験がないから、数値で理論的に説明するしかない。


叔母から電話があった。ハイアットリージェンシー東京に泊まるんだってさ。


天気はいいが、寒かった。陣形を組んで鳥が飛んでいた。
鳥になれたらな、と言う人がいる。
そんなことないっしょ。
人間のほうがいいよ、きっと。
[PR]
# by saitamanohotori | 2009-11-04 23:50 | げんだい

11月3日のひとりごと

27歳の11月3日なんて、遠く遠い先の日だと思っていた。それは5年前のこと。
いつものメトロポリタン口。そして芸術劇場。
そこには池袋の青い春があった。確かにあった。

5年後の今日、そこへ行った。街の様子は何も変わらず、
変わったのは、そこにいる人。ここにいる人。

そりゃそうだ。こんな小さな夢、忘れちゃってるか。


東京へ来て、8年目。久留米での生活より長くなってしまった。
一番優柔不断ではなく、一番こころ優しいひとになるようにと、親は名前をつけてくれたはず。
親から電話があった。週末、叔母さんが従弟と東京に来ると。


ハロウィンの日、あるプリンセスから電話があった。フラれた、と。泣いていた。
わたしを好きになってくれるひとはいるのかしら。
必ずいるさ。


今日の朝は、悪いことをしてしまった。
悪いことは、もうしたくない。
バチが当たったのか、朝は下腹部に激痛が走った。


設計者は、おもいやりが大切だとある部長が言っていた。


ブログを再開する。
[PR]
# by saitamanohotori | 2009-11-03 22:38 | あたらし
休み明け早々、夜遅くまで会社。
ダラダラやってしまったから、しょうがない。

昼食後がすこぶる眠い。
ひとりでPC作業だから、緊張感ないし、刺激もないからなー。
眠くなったら、顔を洗うか、お尻を洗うか。

おしりだって、洗ってほしい。
[PR]
# by saitamanohotori | 2008-05-07 23:59 | そのた

自転車er's high

朝起きて、すこぶる快晴だったから、ふと横浜に行きたいと思った。
自転車で行くことにした。
ゴールは大さん橋。
山手通り~国道1号。行き3.5時間、帰り3時間、計6.5時間のサイクリング。
でも、なんとかなるんやね。行ける、行ける。久しぶりの頑張った感、達成感。
行きも帰りも多摩川越えあたりが苦しい。

窓の開いたクルマからサザンの「涙のキッス」が聴こえたときが、この旅一番の
自転車er's high

c0069456_2185186.jpg

[PR]
# by saitamanohotori | 2008-05-06 23:59 | そのた