ちょっとしたことを綴っていきます。


by saitamanohotori
カレンダー

<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Drive

ドライビングの練習のため、栃木県馬頭町まで行ってきた。

メインディッシュの広重美術館は、木組みの透明感によって、周りの自然に合っていた。
地元原産の材料で作ったそうだ。重量感はなく、軽い。
久しぶりに素敵な建築をみた。

天気が良く、快適な一日であった。
ドライブの方は、車と車の間に、駐車することができたので、満足なり。


ドライブというツールを手に入れた、ぼくとKobyは、間違いなく、良い男に一歩近づいた。
[PR]
by saitamanohotori | 2007-04-30 23:59 | あたらし

jog

公園をジョギング。

汗をかくことが、気持ち良い。

バンザイ!
[PR]
by saitamanohotori | 2007-04-29 23:59 | そのた

タフ

足の疲れのため、家でゆっくり過ごす。

タフになんなきゃ。
[PR]
by saitamanohotori | 2007-04-28 23:59 | そのた

歩く

東京テレポート駅に9:00到着し、
お台場のノマディック美術館へ、グレゴリー・コルベールの作品を観に行ってきた。
象の前で本を読む少年の写真。

オラウータンと女性がふれあう映像が、一番良かったな。


帰り道は、長い道のりだった。

「レインボーブリッジを歩いて渡る」と聞いてわくわくする人は多いだろうが、苦痛以外の何ものでもない。
排気ガスは、もう吸いたくない。環境問題を身にしみて感じた。

浜松町へ出て、増上寺でぜんざいを食べ、新橋でランチをし、初心を思い出し、東京へ向かい、友人を見送り、決断し、ガード下から見る夕日がきれいで、白百合学園をのぞき、神楽坂で休憩し、オリンピックの火事に遭遇し、お好み焼きを食べ、ビールを飲み、迂回して研究室に到着した。

時刻は23:20。


お台場から学校まで、歩いた。

よく歩いたよ。ビールを飲みながら、お互いをほめあった。



ありがとう。
[PR]
by saitamanohotori | 2007-04-27 23:59 | そのた

陸の北

GWは何をしようか。
学生最後のGW。

北陸に行きたい。
[PR]
by saitamanohotori | 2007-04-26 23:59 | そのた

肌に合うおもしろさ

建築はICONだそうだ。
建築を学ぶ者として、尾島俊雄を学ばないわけにはいかない。


九州電力の社員さん数名(おじさんたち)、先生たちと焼酎を飲んだ。
九州のひとたちは、ノリとコトバがいいねー。おじさんたちのおもしろさが肌に合う。


報告書やんなきゃな。。
[PR]
by saitamanohotori | 2007-04-25 23:59 | そのた

23

News 23で、我らが尾島俊雄先生が、「風の道」の話をしていた。
新丸の内ビルと丸の内ビルとの間は、東京湾から皇居へつづく風の道だそうだ。

去年単位は取ったが、明日4限の先生の授業を受けようかしら。
[PR]
by saitamanohotori | 2007-04-24 23:43 | そのた
芝浦工大の豊洲キャンパスで打ち合わせ。
オフィスみたいな校舎。ベンチじゃなくて、ソファーだからね。

一年に一回の温熱班卒論生歓迎飲み。
これも、もう三回目か。

卒論生のときは、先輩方のパワーに圧倒されたっけ。


海を見ながら、ハンバーガーを食べるのも悪くない。
アメリカンだ。
[PR]
by saitamanohotori | 2007-04-23 23:59 | そのた

BLUE

春を「生ぬるい」と表現したことに少し後悔。
いつもそう感じているわけでなく、昨日たまたまテンションが高かったために、そういう表現になってしまったのだ。

さて、池袋をぶらぶらすると、デートしてる人たちがいるんだな。
サンデーだし、しょうがないか。
みんながデートしてるときには、デートしたいと思うのが、普通の考えだろう。

研究室の先輩のデート風景のほんの一瞬を目撃した。


そんなとき、ぼくは何をしていたかというと、カッコイイホルダーを見つけ、衝動買いをして、ルンルンで、そして、少し新しい音楽でも探そうかとHMV付近をぶらぶらしていた。


ホルダーには、ブルーの芯を入れるんだい。
[PR]
by saitamanohotori | 2007-04-22 23:59 | そのた

ビールに豚

研究室の荷物整理作業。
おなかぺっこり。
そのまま、ビールと豚を食べにゆく。
角煮だったか。あれは、おいしかったね。
ビールがすすむ。

そのあと、久しぶりにボーリング。
ボーリングって、テンションあがる。

その後、ゲーセンにゆき、パンチングマシーンで、素敵な顔に向かって、パンチ。


身体を動かした一日だった。


研究室の雰囲気として、だんだん勢いが出てきた。

生ぬるい春は終わった。次は、夏だ。
[PR]
by saitamanohotori | 2007-04-21 23:59 | そのた