ちょっとしたことを綴っていきます。


by saitamanohotori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:あたらし( 100 )

勢いで、、

行列のできる法律相談所のトライアスロンチャレンジをみて、感動しちゃって、

勢いで、

3/18日の板橋cityマラソンに応募してしまった。。

いままで、ハーフマラソンは2回ほど。高校時代は、一応陸上部。

走るのは、好き。ライフワークにするつもり。

だから、20代のフルマラソンの記録を刻むチャンスは、これくらいしかないかと思った。


でも、フルマラソンは初めて笑。だいじょうぶかいな。
最近、いろんなことがうまくまわってなくて、なんとかしなきゃと思っていた。次の一歩を探していた。

これに架けよう。o



さっそく、30分
家→公園→立教大→公園→家のコースを走った。

気分はいい!
コツコツ。
[PR]
by saitamanohotori | 2011-11-07 01:22 | あたらし
備忘録的に綴ります。

金曜日の夜に、↓ここにいきました。
ふじこちゃん


まあ、だんだん慣れてくるよね。


心に残らない、エンターテインメント。
[PR]
by saitamanohotori | 2011-10-23 19:23 | あたらし

奇跡

是枝監督の「奇跡」を観ました。
脚本にない子供たちの素に近いセリフを採用する手法があったのかなと思いました。

コスモスのシーン、素泊まりのシーン、夢を語るシーン。

観ていて、静かに感じるものがある映画で、よかったです。

まえだまえだは、いい役者になるよ!

さいきん、こどもが演技しているのをみると、なんだか、感動してしまう、きょうこのころ。

名前をなくした女神の「そうくん」はかわいかったなー。


c0069456_0322597.gif
[PR]
by saitamanohotori | 2011-06-27 01:01 | あたらし

2011GW

これから、伊豆に行ってきます。

新緑の伊豆のネイチャーは、どんなんかな。



最近、スーパーの安いワインボトルを買って、ちびちび飲むのにはまっています。
安ワインでもぜんぜんいける。

それにしても、セント・オブ・ウーマンのタンゴのシーンは、すばらしい。
c0069456_12203496.jpg

[PR]
by saitamanohotori | 2011-05-02 12:20 | あたらし

20!!

あけましておめでとうございます。
みなさまにとってよい年となりますように。

実家に帰っています。
母親(じゅんこ)は、マイケルジャクソンにはまっているらしく、新しく買ったPCのユーザー名を
「マイケルジュン」としたそうな。。
祖母は、武豊のことを「とよゆたか」と言ってるし。。

なんだか平和な田舎です。


ことしは、「集中!集中!」を頭の中で言い続けるようにして、散漫にならないようにします。そうやって、いろんなことが少しずつ良い方向に向かっていくように頑張りたいですね。

だらだらとしていて、成長しないそんなわたくしですが、
どうぞことしも何卒よろしくお願い申し上げます。

2011年元旦
[PR]
by saitamanohotori | 2011-01-02 21:28 | あたらし

りょーまでん

りょーまでんが終わっちゃった。毎週みてた。みれなかった週は、NHKオンデマンドで買ってみた。
そこまでがんばってみなくても、って感じだけど笑

さて、
「日本のために働く」そういう気持ちで働いてないなーとつくづく。。

もっと世界みてみたいな。あっちゃこっちゃいってみたい。
ある友人が、いつか会社辞めて、世界を旅したい、といっていた。

彼のその心を、改めて聞いてみたいもんだ。



おすすめの和食やさん。「和食 千」
http://www.washoku-sen.jp/

ランチくらいだったら、背伸びしていけると思います。おすすめです。o
[PR]
by saitamanohotori | 2010-11-28 22:30 | あたらし

北鎌倉の風景

残暑が厳しい中、北鎌倉におりた。
円覚寺、建長寺を経て、鎌倉。少し休憩して、日が沈んだ由比ガ浜へ。

建長寺の座禅堂では、廊下にいすが置いてあって、座って庭を眺めた。風が心地よく、残暑を一時忘れる。
座禅したわけじゃないよ!

鎌倉から10分ほど歩いて着くところの由比ガ浜は、夏には必ず行くようにしている。というか、自然と足が向く。
夜の由比ガ浜でひとりずつ叫んだあの日を思い出すが、あの日は静かだった。
しかし、今回は、Barが立ち並び、酒とタバコと女に囲まれた若者でにぎやか。

夏の鎌倉。くもひとつない快晴に、緑が映える。下の写真は、部活帰りの高校生。こういうのがいまの自分に足りないのかも!
汗流して、つるんで、あーだこーだ語りながら、歩くかんじ!!


さ、ひとりで歩かないで、たむろして歩こう。ひとりで行動するのは、極力やめにしよう。そうしよう。

**28!

c0069456_10123075.jpg

[PR]
by saitamanohotori | 2010-08-28 23:59 | あたらし

マルエツ

マルエツのポイントが3000p達成!
[PR]
by saitamanohotori | 2010-03-23 08:37 | あたらし

深夜メモ 省エネ

上村愛子の滑りというよりも、モーグル決勝の熾烈な戦いに感動した。その中に、JAPANの上村愛子がいた。

深夜の日テレのNNNドキュメント「かりんの家」。親と暮らせない子供たちが、親に甘えたいという気持ちを抑えて、その日その日を懸命に生きていた。

スポーツや懸命に生きているひとのドキュメンタリー番組をみて、心動くことがよくある。
ふと、今日思ったのは、感動の”受け側”になってる。

いかんね、受け側になっちゃ。
自分のやってることをみて、またやってることによって、元気になってくれるひと、そして心動くひとがいるだろうか。


そういうこと考えると思う。省エネって大事なんだろうか。
地球環境のため、光熱費のため、には大事。なんだけど、ひとの心とはつながっていない気がする。

法人相手の仕事って、そういうところあるね。建物の省エネが実現できたとして、誰が喜ぶ?
光熱費が下がった法人の総務部が喜ぶだけで、給料に反映されないから、働いている人にはあまり関係ないはなし。
地球環境にはいいことしてるけど、喜ぶひとがいるかっていうといないだろうな。働いているひと個人としては実感がわかなさ過ぎて。遠すぎて。


まずは、直接ユーザーと会話するのかな。寒くないですか、乾燥してませんか、と。
省エネを前面に出すと、ひとの心に届かないと思うなー。なんとなく。

だらだらと深夜のつぶやきを書いてしまいました。。
[PR]
by saitamanohotori | 2010-02-15 02:28 | あたらし

いとこの留学

医学部をめざしていた17歳のいとこが、突然海外に留学すると言い出した。
実家の開業医を継ぐのはふたごの兄弟に任せたと。

ぼくの17歳のころは、留学の留は、留年の留か留守番の留だった。留学だなんて、思いもしなかった。とにかく、東京だった。17歳のぼくの留学は東京だった。

インターネットが普及したせいか、17歳とは思えないくらい、情報通。あの大学は、すぐに留学できるとか、この大学は、英語のトレーニングが早くから始まるとか。

ぼくの17歳のころは、インターネットの存在すら知らず、知っているのは、広末が早稲田に入学したことくらい。

己を魅了・刺激する情報が浴びるように入ってくるがゆえの、選択だろう。
何をしたい、何を専攻したい、ではないらしい。とにかく、留学したいんだと。

彼には、まずは英語をマスターするんだと伝えたが。。本当に留学するのかなー、安全なんだろうか。なんだか心配。。
[PR]
by saitamanohotori | 2009-11-16 00:47 | あたらし